MENU

結婚相談所は成婚実績だけでは判断できません

パソコンで婚活する女性

 

結婚相談所を選ぶとき、会員数や成婚率という成婚実績だけから選んでいませんか。

 

会員数が多ければ出会いが多いような感じがします。

 

成婚率が高ければ、結婚できる可能性が高いような気がしてしまいます。

 

 

成婚率は数多い結婚相談所それぞれで、計算方法が異なっています。

 

成婚数はどこも同じような算出になりますが、分母になる会員数はいろいろあります。

 

退会者数が加わっている場合もあれば、入会したばかりでまだ、一度もお付き合いまで進んでいない新規会員も含む場合もあれば、含まない場合もあります。

 

その計算方法に統一された決まりはありません。

 

分母である会員数が大きければ、成婚率は低くなってしまうし、会員数を少なく算出すれば、成婚率はぐんと高くなります。

 

高い成婚率を誇る成婚実績を持つ結婚相談所、というふれこみだけで判断するのは危険です。

 

 

資料請求して、その資料をしっかり読み込みましょう。

 

資料の中に、成婚者の体験談がない場合は信用できません。

 

成婚者の体験談が、できれば写真入りで含まれていれば、それは資料に対する信用性のひとつの目安になります。

 

また説明会にも積極的に参加して、相談員と直接話をしてみましょう。

 

相談員がどれだけ親身なって、理想の相手を探してくれるか、会員の中から、この人は、という人を紹介してくれるか、というサポート体制が、結婚に結び付けるかどうかの大きなカギです。

 

成婚実績という数字に惑わされることなく、確かな結婚相談所を選びましょう。